「価格&コスパ」で選ぶ

脱毛器の価格相場

では、次にもっとも気になるコストについて比較してみましょう。そもそも脱毛器と一口に言っても、抜くだけ、剃るだけの脱毛器や、フラッシュ脱毛器、レーザー脱毛器など様々です。この脱毛方法や機器の性能によって、大きく価格差は出てきます。ですから、脱毛器の相場と言っても、3万円〜15万円くらいの幅があり、相場とは言えないようです。
まずは自分がどの価格帯の脱毛器が欲しいのかを決める必要があるようです。

もっとも格安と言われている脱毛器に、「ノーノーヘア」というサーミコン式脱毛(熱線式脱毛)器があります。これは本体価格2〜3万円ほどで、脱毛器の中でも、ダントツに安いです。
このノーノーヘアは脱毛後の持続性が低いのが難点なのですが、手軽さ、格安さを追求するのであればおすすめの商品です。

脱毛器はコスパで選ぶ

本体価格は他と比べて高めですが、人気の商品もあります。「ケノン」は、ランニングコストや機能面のトータルで計算するとお買い得な商品です。サロンでも多く利用されている脱毛方式である、IPLフラッシュ脱毛式を使用しており、本体価格は73,800円となっています。
1発がたったの0.20円〜なので、トータルで38,000発も使えるのを考えると、ランニングコストはずば抜けて良いと言えるでしょう。まゆ毛&Vライン専用の脱毛器や、美顔器機能も付いているので、コストパーフォーマンス的にも良いです。
家庭用機器として考えると、この価格はかなり大きな買い物ですが、サロン並みの施術が自宅で行えるといった点を考えれば、うれしい価格なのではないでしょうか。

さらに15万円代の脱毛器を見てみると、エステさながらの美顔機能つきの家庭用フラッシュ脱毛器であったり、750発も照射できるカートリッジ付きの家庭用フラッシュ脱毛器であったりと、様々なメリットが上乗せされている商品が多く見受けられます。
自分が求めている機能、追加されてうれしい機能などをよく吟味して選ぶと良いでしょう。


Copyright (C) 2012-2014 脱毛器調査隊 All Rights Reserved.