家庭用フラッシュ脱毛器とは

フラッシュ脱毛で使われる光

次に、数ある脱毛器のうち、エステサロン並みの脱毛が自宅でできると好評の家庭用フラッシュ脱毛器の特徴を見てみましょう。そもそもフラッシュ脱毛とはどのようなものなのでしょうか。

フラッシュ脱毛は、「光」のエネルギーを利用して行う脱毛方法です。
よって一般的に言われている「光脱毛」の部類に属します。フラッシュ脱毛に使用するのは「インテンスパルスライト」と呼ばれる光のエネルギーで、特異な波長を持っており、距離が遠くに離れれば離れるほど拡散する特性があるそうです。また、このインテンスパルスライトは、よく医療用などで用いられるレーザー光とも違う光のエネルギーだそうです。

さて、フラッシュ脱毛器は、このインテンスパルスライトをカメラのフラッシュのように、一瞬だけ肌に照射することによって、肌の表面の温度を上げず、毛根にのみ光のエネルギーを集中させることができるようです。つまり、往来のシェーバーやかみそりなどの脱毛方法に比べ、肌への負担をかけずに脱毛することができるというメリットがあります。光を照射した後は、だいたい2日〜1週間で毛が抜け落ちるようです。

毛包部分に直接働きかける

さて、このフラッシュ脱毛の仕組みをもう少し詳しく見てみましょう。
フラッシュ脱毛で光を照射するのは、毛の周辺にある毛の成分の素となる、毛母細胞と毛乳頭などの「毛包」部分です。ここに光を照射し、その熱によって、毛母細胞や毛乳頭が「タンパク変性」と呼ばれる現象を起こして死滅するそうです。毛の成分が死滅したことにより、毛自体も老廃物となり、1〜2週間前後で自然に抜け落ちることになります。これがフラッシュ脱毛の仕組みです。

この技術を家庭用に搭載したのが家庭用フラッシュ脱毛器であり、わきの下や腕、脚などの無駄毛が気になる部分に機械を当てて、光を照射することで脱毛を行います。また、このフラッシュ脱毛器は、数ある脱毛器の中でも、比較的新しい部類に入ります。


Copyright (C) 2012-2014 脱毛器調査隊 All Rights Reserved.