「脱毛方式」で選ぶ〜フラッシュ脱毛かレーザー脱毛か

光源の違い

次に、選ぶべきは脱毛方式ではないでしょうか。
今市販されている注目の脱毛器には、フラッシュ脱毛器か、レーザー脱毛器かに分かれるかと思われます。どちらも光を使用していることには変わりありません。
そんな中、この二つの方式には、どこに違いがあるのかと言うと、まず挙げられるのが「光源」です。

レーザー脱毛器では、光をレーザー発生装置で作っているようです。言ってみれば、レーザー脱毛器の光は「まっすぐ進む」タイプの光で、よく言うレーザービームをイメージすると良いでしょう。

一方、フラッシュ脱毛の場合の光源は「ランプ」です。これには、懐中電灯のようなものをイメージすると分かりやすいでしょうか。

つまり、レーザー光に対して、フラッシュは「拡散する光」であると言うことができます。

同じ仕組みのフラッシュ方式とレーザー方式

このように、フラッシュとレーザー光では、光源が違いますが、フラッシュ脱毛器の光は、特殊なフィルターを通すことで、ある波長より短い光を遮断するようにしているそうです。このことで、フラッシュ脱毛器のフラッシュも、レーザー光と同じようにまっすぐ進む光が作れるようです。
ただ、光源が違っても、その脱毛の仕組みは同じだそうです。両方、光のエネルギーで毛根に熱を与えて、周囲の細胞を変化させる作用を与えます。すると、毛が育たなくなります。この仕組みを利用したのが、光を使った脱毛方式なのです。

このことから、脱毛器の中で、フラッシュ脱毛器かレーザー脱毛器かどちらが良いかと迷ったら、仕組みは同じものだと思って、他の面で比較するのが賢明であると言えます。


Copyright (C) 2012-2014 脱毛器調査隊 All Rights Reserved.