脱毛器のメリット・デメリット

メリットについて

家庭用の脱毛器のメリットとしては、自宅で好きな時間や空いた時間でムダ毛の処理が出来ること。
エステのように定期的に通うのは時間を作るのが大変です。
自分の都合のいいときに出来るわけではなく予約制にもなっています。
また、エステでは、お店によっては強引な勧誘や、ムリに契約させられたことでローンを組まされることもあるそうです。お金を支払った後、ローンを組んだ後に、エステ店が倒産してしまった、と言うケースも稀ですが報告されています。
価格もエステより、家庭用の脱毛器のほうが負担は少ないでしょう。
「所詮、家庭用の・・・」と思う人もいますが、エステに通うのと同じくらいのクオリティの商品もありますので、その点でも家庭用の脱毛器が劣っているとも思えません。
エステ店での脱毛でも、実際のところ肌トラブル件数が「ゼロ」かというと、必ずしもそうではないので、脱毛器の利用でも、アフターケアをしっかりすれば問題はないといえます。

デメリットについて

基本的には余りありませんが、商品によっては多少でメリットもあることでしょう。
例えば、カートリッジの交換に費用がかかる、そのほかの付属部品が使い切りで費用がかかる、など主にあげられるのはコストの面になるかもしれません。

しかし、万が一、故障などが起きた場合も、メンテナンスしてくれるメーカーが多いのではないでしょうか。ただし、このメンテナンスについては有料の場合、無料の場合とありますので、やはりコスト面が心配なのは理解できます。保証なども一度確認しておきましょう。


Copyright (C) 2012-2014 脱毛器調査隊 All Rights Reserved.