デメリット2:操作方法がわずらわしい?

操作の難しさ

脱毛器のデメリットの一つに、操作方法がわずらわしいという点も挙げられるでしょう。
このことは、従来の抜くタイプの電動式脱毛器に特に言われていたようです。うまく毛をとらえて毛抜きするのにはちょっとしたコツが必要だったのです。
また最近のフラッシュ脱毛やレーザー脱毛器についても、同じように、テクニックとまではいかなくても、コツはいるようです。例えば、レーザー脱毛機では、五段階のレベルに分かれており、それを脱毛箇所、毛の状態によって使い分ける必要があります。
高齢者や年配の人にとってはやはり扱いにくいと言えるでしょう。
しかし、普通の機械慣れした若者であれば、それほど難しい操作ではないです。

また、脱毛器の使用体験談などを聞くと、脱毛器の肌への当て方や、当てる箇所によって、ちくっという感覚が異なるのが分かります。脱毛されている実感というのでしょうか。
そういうものが自分の機器の当てかたによって大分異なるというのも、脱毛器の敷居を高くしている由縁であるようですね。
レーザー脱毛は、確かに痛みが従います。しかしこれは、あらかじめ冷やしておくことで、痛みはだいぶ軽減されるようです。
痛みが苦手な方には、フラッシュ脱毛をおすすめします。レーザーに比べても痛みが少なく、広範囲を一気に脱毛できるので、脱毛器をはじめて使う方にもおすすめです。


Copyright (C) 2012-2014 脱毛器調査隊 All Rights Reserved.